パブリックドメインの画像を使ってアイキャッチを充実させよう

皆さんはアイキャッチ画像をどのように用意していますか?

僕はアイキャッチを選ぶのが好きでついつい時間を忘れて画像を選んでしまいます。
画像を使用する際に気になるが「画像の権利」に関して。

今回はオススメのパブリックドメインの画像サイトの紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パブリックドメインとは?

パブリックドメインとは、著作者が権利を放棄した状態にある著作物を指しています。

  • 著作者が権利を破棄した場合
  • 著作権の権利期間が終わった場合(国によって期間が異なります)

パブリックドメインは画像だけでなく音楽、映像なども含まれます。

ただし、パブリックドメインでも著作者人格権はあるので誹謗中傷などを含む改変などは著作者に法的に訴えられる可能性があるので注意しましょう。

パブリックドメインの特徴

パブリックドメインには大きな特徴があります。

  • 再利用・再配布
  • 改変・編集
  • クレジット表示なしでの利用
  • 個人・商用利用

上記は可能なことです。

  • 所有権の侵害
  • 人格権の侵害

こちらが禁止事項です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/パブリックドメイン

詳しくは、パブリックドメインで独自に調べてみてください。

パブリックドメイン画像を扱うサイト

パブリックドメインの画像を扱うサイトを紹介していきます。

この手のサイトのメリットは権利関係の調整が終わっているので利用時に追加で調べる必要がないところにあります。

Pixabay

Discover the best source for free images and videos. Free for commercial use ✓ No attribution required ✓

Pixabayは写真やイラストなど様々なタイプの画像が揃っています。
サイズも複数用意されており、非常に便利なサイトです。
無料の会員登録を行うと大きめのサイズの画像ダウンロード時に文字認証をパス出来ます。

tadapic タダピク

商用利用OK・クレジット表示も不要の画像素材検索エンジンです。キーワードから複数の画像素材サイトを横断検索できます。

上でご紹介した「Pixabay」を含む31サイトから画像を検索出来るサービスです。
おそらく国内パブリックドメイン画像サイトの決定版と言えるサイト。
このサイトの画像収集でも頻繁に利用しています。

ニコニ・コモンズ

ニコニ・コモンズは、クリエイターの創作活動を支援するサイトです。素材ライブラリーのほか、二次創作文化の推進を目的としたクリエイター奨励プログラムを提供しています。

ニコニコ動画から派生したクリエイター向けのサービスです。
利用規約は各素材によって異なるので注意が必要です。
サイトよりも動画製作などに向いた素材が多いように感じます。

まとめ

以上、見てて飽きないパブリックドメインを扱うサイトでした。
画像好きにはオススメです。

また、英語圏向けのサイトは下記になります。
検索時に「public domain」などと入力すると検索が楽です。
すべてのサイトに言えますが利用は自己判断でお願いします!

WikiPaintings.org

Public Domain Images

Public domain images, royalty free stock photos. Pictures free of copyrights for personal and commercial use.

5000 Free Stock Photos

シャッターストック



有料の写真・イラスト素材のダウンロードサイトになります。
有料だけあってクォリティーは非常に高いものばかり。商業利用可能なのも嬉しい点です。

裏ワザ的な使い方としては「有料サイトでカッコイイ構図を探して、無料で代理を見つける」というもの。参考程度に質の高い画像を見てみるのもいいかもしれません。

関連記事として無料で使用可能なイラストサイト様もご紹介。

ゲーム制作やCDジャケット製作に利用可能な背景画像を無料で配布しているサイト様をご紹介。素敵な画像ばかりです!

ゲームで使うことを前提としていますが、アイキャッチでも使えそう!
利用規約に注意してご利用してみてください。

この記事をお届けした
O3 WEBの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク