【5巻以内】オススメの完結済み漫画たち

本日は、オススメの漫画紹介記事の第二弾!
5巻以内」というテーマで記事を書かせて頂きました。

あと引く楽しさは5巻前後が一番だと個人的に考えています。
バトル多めで、オススメ作品をピックアップさせて頂きました!

スポンサーリンク

オススメの5巻以内完結漫画

皇国の守護者(全5巻)

圧倒的にオススメな漫画です。

原作は小説家、ゲームデザイナーとして活動を行う佐藤大輔で、同名小説である「皇国の守護者シリーズ」の一部を漫画化した作品になっています。

皇国の守護者は架空世界を舞台とする戦記モノ作品で、天狼会戦から皇国帰還までの期間を描いた内容です。独特の台詞回し、迫力に満ちた漫画演出、何よりも主人公の強烈なキャラクター性が魅力

戦場の華やかさ、戦場の不条理さ、何よりも「軍人」という存在が見事に描かれた傑作漫画です。読んでいない方はぜひ、読んでみてください!

プラネテス(全4巻)

ヴィンランド・サガ」などの作品でも有名な幸村誠さんの2070年代を舞台に、本格的に人類が宇宙進出を行った世界を描いたSF作品になっています。

派手な宇宙船同士の戦いなどではなく、宇宙に排出されたスペースデブリ(宇宙ごみ)回収業者を主人公にした異色作品です。設定の面白さはもちろん、多彩な人間模様が楽しめる作品。

全四巻と短い作品ながら、登場人物たちの悩みや葛藤が見事に描かれ、感情移入してしまうこと請け合い。個人・夫婦・家族・恋人・友情など様々なテーマが織り込まれた傑作漫画です。

アニメ化もされている作品なので、興味がある方は両方楽しんで見てください!

センゴク外伝 桶狭間戦記(全5巻)

大人気漫画センゴクシリーズの外伝として描かれた作品でタイトルからわかるように「桶狭間」をテーマに描かれた内容になっています。

特筆すべき点は「信長の出世物語」として描かれる桶狭間を「なぜ天才今川義元が敗北したのか?」「なぜ織田信長が天才を打ち破れたのか?」というテーマで丁寧に描いている点です。

ある意味で道化役とされてきた今川義元の天才性や功績を描かき、その天才に相対する者として信長を描くという従来とは違った視点が冴え渡る作品です。

センゴクシリーズをこれから読もうとしている方は、まずはこの作品から読み始めてもいいかもしれません。

バジリスク~甲賀忍法帖~(全5巻)

傑作娯楽小説である山田風太郎の「甲賀忍法帖」を原作にせがわまさきが漫画化を行った作品です。数ある甲賀忍法帖を原作とした漫画の中で個人的には一番好きな作品です。

甲賀と伊賀の対決を中心にそれぞれの忍者たちの心情や確執を描いた作品で、それぞれの忍者たちが持つ「秘術」も作品の面白さに拍車をかけています。

恋愛、友情、戦闘などなどあらゆる要素を詰め込んだエンターテイメント作品のお手本のような作品で、原作を含めて根強い人気があるのがはっきりとわかる作品になっています。

アニメのOPである陰陽座の「甲賀忍法帖」も非常にカッコイイのでぜひ、ご一緒に!

D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜(全5巻)

I”S」「ZETMAN」「TIGER & BUNNY」などで有名な桂正和大先生の漫画作品です。

女性アレルギーの冴えない主人公が「とある事故」からメガプレイボーイに覚醒するというSF漫画作品で、恋愛・バトル・友情などが詰め込まれたジャンプらしい作品。

桂正和が得意とする「ヒーローもの+美少女+バトル」を体現した作品で、巻数が短いながらもアニメ化された人気作品になっています。

桂正和の作品群を見ると現在の漫画作品、アニメ作品、ライトノベル作品に与えた影響力の大きさを強く感じます。また時代に流されない美少女たちを描けるのも本当に凄い。

ブレイク前であるL’Arc〜en〜Cielとシャ乱Qが初のアニメタイアップをした作品でもあり、それぞれのアーティストのファンにとっても注目された作品です。

まとめ

【Amazonで買える】オススメの5巻以内完結漫画いかがだったでしょうか?
気軽に読めるのが短編マンガのいいところ。ぜひ、購入してみてください!

次は「10巻以内完結作品」というテーマで書かせて頂きたいと思います。
漫画を購入する際の参考になれば幸いでございます。

それでは本日はこれで失礼致します!

この記事をお届けした
O3 WEBの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク