制作作品「合奏魂」の製作話:初期構想・世界観編

ちゃんと”合奏魂”のPRしろやぁ!!
あんま”チョーシくれ”てっと”バラ肉”にしちゃうよぉ!!

!?

と非常に優しい言葉を代表に頂き身の引き締まる思い。

そんな宗岡(@pre_muneoka)です。

本日から夏に発売をした「合奏魂」という作品についていろいろと書いていきます。
これで作品に興味を持ってくれると宗岡は非常に嬉しい。

合奏魂 更新履歴 【合奏魂】DLsite【DL販売開始!】2014年3月24日 【通販開始】合奏魂オフ・ボーカ

更に買ってくれるともっと嬉しい。

スポンサーリンク

初期構想

音がエネルギーとして利用可能な世界。
音を制御する「完璧な楽曲」を作り出した主人公と仲間たちを描いた作品です。

主人公の年齢が36歳だったり、変なマシーンが登場したりと比較的愉快な内容です。
基本的には主人公を中心とした「楽団(バンド)」が音楽の力で異変を解決していく話です。

これが現在の作品の大まかな内容ですが、初期は完全に別物でした。

天才作曲家が半ば洗脳に近いかたちで、軍隊を音楽で指揮して異教徒や異民族をぶち殺していく愉快な話を想定していました。

大まかな流れとしては


  1. 国王の依頼で軍隊を鼓舞する楽曲作成依頼と演奏の任務を受ける

  2. 軍楽隊を結成し、兵士たちを洗脳状態にしながら敵と戦闘を行う

  3. 国王が軍楽隊の力を恐れ、敵対するようになる

  4. 追い詰められた荒野の真ん中で殺される寸前まで音楽を奏で続けるEND

という非常に殺伐とした内容でした。

合奏魂の前の作品は登場人物の大半が壊滅するので、その流れを組む初期構想でした。

合奏魂では、「演奏パート」というユーザーが実際にプレイ出来る要素を入れています。
このアイデアは初期からあり、このアイデアに沿うかたちで初期構想をしました。

しかし、当初の予定では「比較的短編」・「ゲーム性を重視する」という側面が強くシナリオの重要度が低いものでした。
そのため、「世界観が大きすぎやしないか?」、「キャラ多くね?」などの理由からミニマムな、箱庭的な話へとシフトしていきました。それが現在の合奏魂の姿になっています。

現在の設定に引き継がれた部分

  • 天才作曲家が非常に重要なポジションにいる
  • 音楽が作品にとって重要な要素になる
  • 音楽で戦う

この3点は簡単に捨てるには勿体無いと思い、ここから再構成をしました。
それが現在の合奏魂の姿であり初期構想から引き継がれた部分です。

また、作品を作る際に僕は100~500年程度の年表を作るのですが、初期構想の戦争をしていた時期は物語の開始から100年ほど前の世界観というかたちにしました。

争いが起こり、周辺地域を併合した王国が物語の舞台である。
現在は戦争状態にないが、他国とのバランス次第では戦争になりえる雰囲気。

初期構想の延長線にある世界観として本編でも採用されています。

世界観のモデル

凄く平たく言うと

「ルネサンス期のヨーロッパの国家」+「中国の王朝」

そんな感じです。

ルネサンスがローマ的な価値観の再生を謳ったように、合奏魂の世界もかつての「超大国的価値観」を再生しようとした国家が舞台です。

また、中国の王朝というのは「A → B → C」と王朝が変わった時にBを倒したCは自分たちの正当性を主張するために「正当なAの後継者は自分たちCである」的な発想です。

  • 初期構想の世代が国家を打ち立てる
  • 自分たちの正当性のためにかつての超大国の後継者を名乗る
  • 先進国に追い付くために新しい価値観が必要だった

おおよそこのような感じです。
作品本編では部分的にこういった要素に触れていますが、全面に押し出していません。
話が小難しくなるのと、地の文を極力抑える構成上、説明はかなり省きました。

独自の世界観

音楽がエネルギーになる世界。
これが作品の中心であり、合奏魂にとって重要な要素です。

ここで言うエネルギーとは電気のようなものに近いのですがエネルギーを活かしきる「装置」が未発達なので風の代わりに風車を回したりする程度にしか発展はしていません。
キャラクターに明らかにオーパーツ的なヤツがいますがご愛嬌です。

この「音楽がエネルギー」という要素は主に演奏パートで採用させています。
詳しくは合奏魂の演奏パートの紹介でご確認を!

演騒パート

まとめと次回

駆け足でしたがこれが合奏魂の初期構想とおおまかな世界観の説明です。
合奏魂の体験版がFCめがぶーサイトで無料で公開されています。
ちょっと気になった方はぜひ!

  • 全編フルボイス
  • ボーカル楽曲10曲使用
  • 10名以上のイラストレーター参加

非常に素敵な内容になっていますのでよろしくお願い致します。

配布

次回は合奏魂のキャラクターに関して何やら説明していきます。
元ネタとか何やらをご紹介。

ご期待ください。

イベント参加のお知らせ

イベント:コミックマーケット85(公式WEBサイト→http://www.comiket.co.jp/
日時:2013年12月31日(火)  コミケ3日目
場所:東京ビッグサイト 西地区“ね”ブロック-11b
販売物:合奏魂
イベント価格:1,000円での販売になります

コミケ情報をみんなで共有!

詳しいブースはtwitcmapでご確認ください!

確認してくれないと…「潰れたトマトみてーにしてくれんゾ・・?

!?

本日は最初から最後まで特攻の拓風でお送りしました。
では!

この記事をお届けした
O3 WEBの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク