SimplicityでSNSのカウントに!が出た際の対処法【ロリポップ】

Simplicityを1.8系等から1.9系統にバージョンアップした際にSNSのカウント表示に異常が発生しました。

simplicity-sns-exclamation-mark01

具体的には「google+」「pocket」「feedly」のカウントが所得出来ずに「!」が表示されるというものです。ここでは、原因と具体的な対処方法に関して書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

SimplicityでSNSのカウントに!が出た際の対処法

!マークが出てしまう原因

ホームページ運営なら、ずっと使えるレンタルサーバー「ロリポップ!」簡単、多機能、充実サポート、高速性能で、初心者から商用サイトまで安心してご利用いただけます。WordPress、EC-CUBEもたったの60秒で設置可能。まずは無料お試し10日間。

ロリポップ!では、不正なアクセスをブロックするWAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)という機能がデフォルトで導入されています。

この機能は、サイトの安全性を高めてくれる反面で、時には必要なアクセスまでもブロックしてしまうという厄介な問題も抱えています。

結論から言えば、SNSに!マークが表示される原因はこの「WAF」にありました。試験的にWAFを解除した場合にはちゃんと表示されたからです。

ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル WAFの解除・設定について説明したマニュアルページです。

WAFのON/OFFはロリポップ!の管理画面から簡単に変更が可能です。WAFを解除すればSNSの表示は出来ますがセキュリティ的にも気分的にも解除のままでは気分が悪い……

WAFをONしたままで、SNSの表示部分だけは例外的に処理できないか、そう考えて対応策を考えました。

SiteGurad WP PluginのWAFチューニングサポートを使う

「SiteGurad WP Plugin」という複数のセキュリティ機能をもったプラグインがあります。最近、ロリポップ!と契約した方はデフォルトでwordpressで導入されているはずです。

このプラグインには「WAFチューニングサポート」という機能があり、WAFに除外ルールを設定することが出来るようになっています。

今回はこの機能を使って各SNSからのアクセスを除外設定としました。

SiteGurad WP Pluginの導入

SiteGurad WP Plugin is the plugin specialized for the protection against the attack to the management page and login.

通常のプラグインと同じように

管理画面の左サイドバー「プラグイン」 > 新規追加 > SiteGurad WP Pluginで検索
SiteGurad WP Pluginをインストールして有効化しましょう

SiteGurad WP Pluginの使い方

有効化をすると
管理画面の左サイドバー「ツール」 > SiteGurad が出現します。

いろいろな機能があるのですが、今回はWAFチューニングサポートに絞って機能を紹介します。

SiteGuard WP Pluginは、管理ページとログインページの保護を主な目的とする、WordPress向けのシンプルなセキュリティプラグインです。インストールするだけで簡単にセキュリティを向上でき、完全日本語対応しています。

他の機能に関しては、公式ページで使い方をご確認ください。

WAFチューニングサポートの使い方

simplicity-sns-exclamation-mark02

SiteGuradのWAFチューニングサポートをクリックしてください。

simplicity-sns-exclamation-mark03

WAFチューニングサポート機能を「ON」にします。

simplicity-sns-exclamation-mark04

「新しいルールを追加」をクリックします。

simplicity-sns-exclamation-mark05

これで下準備は完了です。
次はロリポップ!にアクセスして、シグネチャとファイル名を調べます。

ロリポップのWAF検知ログを確認する

ロリポップ!にログインをして

「WEBツール」 > WAF設定 > 使用ドメインのログ参照 > WAF検知ログ

WAF検知ログはエラーが出た任意の日付を設定します。

simplicity-sns-exclamation-mark06

WAF検知ログに記録がある場合は上記のようにログが表示されます。
ここで表示されたものを「新しいルールを追加」に追加していきます。

設定が終ったら「保存」ボタンを押してください。
また、「WAFチューニングサポート」ページの「ルールを適用」も押しておきましょう。

僕の場合はシグネチャが共通でファイル名(任意)が下記のものでした。

  • fetch-feedly.php
  • fetch-pocket.php
  • fetch-google-plus.php

この設定を行った後に、WAFをONにしても正常にカウント数を表示出来るようになりました。

まとめ

SimplicityでSNSのカウントに!が出た際の対処法いかがだったでしょうか?

キャッシュプラグインが原因なのかなど当初はかなり混乱しましたが、エラーを探っていくうちに「403のエラー」であることがわかり、このようなかたちで対処をしました。

SiteGuardプラグインのWAFチューニングサポートを使って、ロリポップやさくらサーバーのWAF除外ルールを設定する方法。htaccessで除外することも出来ますが、SiteGuardはセキュリティプラグインとしても有能ですので、SiteGurad WP Pluginを使っていない場合は、導入されるのも良いのではな...

上記のサイト様を参考にさせて頂き、記事内ではプラグインを使わずに「htaccess」で除外する方法も掲載されています。

プラグインの使用をしたくない場合はこちらの方法で設定してみてください。
久々のwordpress記事でした。それでは、本日は失礼します!

この記事をお届けした
O3 WEBの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク